ブロック注射をすることによって坐骨神経痛を和らげることができますので効果があるといえますが、坐骨神経痛を完治させることはできません。 坐骨神経痛は、そもそも坐骨神経痛という病気ではなく、何らかの病気が原因で坐骨神経が圧迫されて痛みが起こることをいいます。 そのため、ブロック注射を打つことで痛みを緩和させることはできても、根本の病気を完治させない限りは再び痛みが出てきてしまうでしょう。 しかし、坐骨神経痛そのものには効果のある注射ですので、坐骨神経痛の症状が悪化してしまった場合や激痛で歩行さえ困難であるという場合には注射を打ってもらった方がいいかもしれません。 ブロック注射で坐骨神経痛の痛みを一時的に抑えている間に、坐骨神経痛の原因となっている病気の完治を目指してください。 また、ブロック注射の薬剤の成分によっては、血流を改善する効果や炎症を抑える効果が得られることもあるでしょう。 ただ、ブロック注射はとても効果がある人とそうでもない人に分かれてしまうといわれています。 相性が良ければ劇的に坐骨神経痛の痛みを抑えられますが、相性が悪いとほとんど効果が得られないこともあります。